ドンちゃん2008年8月3日永眠


by dazmakudonlove

えみさん♪より・・ドンちゃんの追悼記事その2

昨日に引き続き、
このたび、ドンちゃんのシッターをしてくださっていたえみさん♪から
ドンちゃん追悼のお手紙いただきましたので掲載します。

------------------

どんちゃんとの思い出 最初に会った日編

さて。

とみまりちゃんとメールで何度かやり取りをして、
どんちゃんに初めて会ったのが5月11日でした。

この日、とみまりちゃんとお茶した後、どんちゃんに会いました。
まだこの頃は元気に歩いてましたよ。

これは私の直感ですが、
「この人、僕の面倒を見に来たんだな。
(ボランティアの人ではなく、とみまりちゃんも初めて会う人なんだな)」って
どんちゃんわかったんだと思うんです。

どんちゃん、脳に炎症があったけど、とても賢くて
状況全てわかっていた子だったから・・・
(お世話になった病院の先生も、同じ事をおっしゃっていました。
全部わかってた、と)

動物って、人間の言葉、わかると思うんです(経験上)
全部とは言わないけど・・・

いつものように(笑)どんちゃんはどんちゃんのペースで
部屋の中ずっと歩いてましたが、
二人の会話、ちゃんと聞いていたんじゃないかな。

部屋でしばらく話をして、じゃ、まあ今日は・・・ってことで
散歩がてらどんちゃんも一緒に最寄の駅まで見送りしてくれたのですが。

じゃあね、と別れてから、階段を何段か下ったあと
(都営線なので・・・)
ふっと振り返ると
どんちゃんがそっと顔をのぞかせていたのです。

お別れしたあとも見送ってくれてたの。
(とみまりちゃんは気づかなかったそうです)

BPさんがおっしゃる通りどんちゃんシャイだから、
なんというか、
シャイな彼らしい、お見送りだったんだけど。

そしてたぶんとみまりちゃんが「行くよ」ってどんちゃんに言ったのかな?
どんちゃんはいなくなりました。

そして、それは
とみまりちゃんの言う
どんちゃんは近くから見るのではなく
少したってから後ろを振り返ったり、ちょっと離れたところで見ていたりする
そのほうがちゃんと見えるからじゃないかな?
b0114379_1932585.jpg
b0114379_19322160.jpg
b0114379_19323427.jpg
b0114379_19324637.jpg

っていう・・・
まさしくそれだったんじゃないかな?と思う、どんちゃんの行動でした。

どんちゃんのそんな部分は、その後もフルに発揮されるわけです^^

ちなみに。
2回目にどん部屋へお邪魔したときは
とみまりちゃんと一緒にお出迎えしてくれましたよ、どんちゃん^^

次回へ続く
[PR]
by dazmakudonlove | 2008-09-09 19:34 | ご報告