ドンちゃん2008年8月3日永眠


by dazmakudonlove
お待ちかねの第三弾です~。
えみさんって、するどいなあと思う。
ドンちゃん良かったね、わかってもらえて(^^)

------------以下、えみさんより

どんちゃんの思い出 こんなことがありました編①

6月30日(だったと、思う)

いつも通りどん部屋へ行き、シッターをしていました。
その日はとみまりちゃんが部屋に来て、外に出てお茶をしました。
(これはよくあることです。どんちゃん留守番。笑)
ま、どんちゃんも「あ、また二人でお話するのねー」という感じで
慣れていました(と、思う)

部屋へ戻り、どんちゃんの散歩がてら
近くまで(駅までではない)見送りしてもらいました。

例のごとく、「じゃあここでね」って別れて
とみまりちゃん(と、どんちゃん)と私は真逆の方向へ。

何歩か歩いた後、とみまりちゃんの
「どんちゃん振り返ったーーー」という笑いの混じった声(大きかったかも?)

で、私が振り返ると、どんちゃん確かに振り返って、私を見ていました。
これが第2弾でお話した
「少し離れたところからのほうがよく見える」どんちゃん流です。
それと「帰っていった」ことを確認していたんだと思う。

そのときはそれがわかっていなかったので
単純に

どんちゃん反応おそっっっっ!!
でも振り返ってくれたからいっかー^^

と笑ったものです。

前にお話したようにどんちゃんシャイですから(笑)
きっと心の中では「もう帰っちゃうんだね?バイバイ」って思っていても
それを態度には出しません。
いつも通りを装いますが・・・

なんとなく、その照れくさい感じは伝わってきていますよ、どんちゃん!
知ってた?(えーーー、やっぱりわかってた?byどん)

それとどんちゃんの感情表現というは
「ふて寝」
「すねる」
「だだをこねる」
っていうのが多かったです。
ええ、よくやってました(笑)

私の思うどんちゃんというのは
「寂しがりやの甘えん坊の甘え下手」
で、最近、ああ、そっかと思ったのが「負けず嫌い」

そんなどんちゃんの甘えは「足や手を舐める」なのです。

このあたりは次回でお話します。

次回へ続く





b0114379_1631025.jpg
b0114379_16312996.jpg
b0114379_16314982.jpg
b0114379_16321189.jpg
b0114379_16322941.jpg

[PR]
# by dazmakudonlove | 2008-09-10 16:36 | ご報告
昨日に引き続き、
このたび、ドンちゃんのシッターをしてくださっていたえみさん♪から
ドンちゃん追悼のお手紙いただきましたので掲載します。

------------------

どんちゃんとの思い出 最初に会った日編

さて。

とみまりちゃんとメールで何度かやり取りをして、
どんちゃんに初めて会ったのが5月11日でした。

この日、とみまりちゃんとお茶した後、どんちゃんに会いました。
まだこの頃は元気に歩いてましたよ。

これは私の直感ですが、
「この人、僕の面倒を見に来たんだな。
(ボランティアの人ではなく、とみまりちゃんも初めて会う人なんだな)」って
どんちゃんわかったんだと思うんです。

どんちゃん、脳に炎症があったけど、とても賢くて
状況全てわかっていた子だったから・・・
(お世話になった病院の先生も、同じ事をおっしゃっていました。
全部わかってた、と)

動物って、人間の言葉、わかると思うんです(経験上)
全部とは言わないけど・・・

いつものように(笑)どんちゃんはどんちゃんのペースで
部屋の中ずっと歩いてましたが、
二人の会話、ちゃんと聞いていたんじゃないかな。

部屋でしばらく話をして、じゃ、まあ今日は・・・ってことで
散歩がてらどんちゃんも一緒に最寄の駅まで見送りしてくれたのですが。

じゃあね、と別れてから、階段を何段か下ったあと
(都営線なので・・・)
ふっと振り返ると
どんちゃんがそっと顔をのぞかせていたのです。

お別れしたあとも見送ってくれてたの。
(とみまりちゃんは気づかなかったそうです)

BPさんがおっしゃる通りどんちゃんシャイだから、
なんというか、
シャイな彼らしい、お見送りだったんだけど。

そしてたぶんとみまりちゃんが「行くよ」ってどんちゃんに言ったのかな?
どんちゃんはいなくなりました。

そして、それは
とみまりちゃんの言う
どんちゃんは近くから見るのではなく
少したってから後ろを振り返ったり、ちょっと離れたところで見ていたりする
そのほうがちゃんと見えるからじゃないかな?
b0114379_1932585.jpg
b0114379_19322160.jpg
b0114379_19323427.jpg
b0114379_19324637.jpg

っていう・・・
まさしくそれだったんじゃないかな?と思う、どんちゃんの行動でした。

どんちゃんのそんな部分は、その後もフルに発揮されるわけです^^

ちなみに。
2回目にどん部屋へお邪魔したときは
とみまりちゃんと一緒にお出迎えしてくれましたよ、どんちゃん^^

次回へ続く
[PR]
# by dazmakudonlove | 2008-09-09 19:34 | ご報告
b0114379_13314374.jpg
こんにちは。今日は暑いですね~。
ドンちゃんが亡くなり、一ヶ月以上過ぎました。

このたび、ドンちゃんのシッターをしてくださっていたえみさん♪から
ドンちゃん追悼のお手紙いただきましたので掲載します♪

------

件名 どんちゃんとの思い出 出会い編

皆様こんにちは。シッターのえみ♪(←自分で音符つけると、変。)です。
私からも何回かにわけて追悼記事を書きたいと思います。

どんちゃんを見つけたのは・・・確か3月だったかなー。
来年になったら犬を飼おうと思っていた私、は、
何気なく里親募集の掲示板を見ておりました。

その掲示板のしかも下の方にもぐって・・・いや、埋もれて、いや、まぁ、出て
いたのが
どんちゃんでした。

その掲示板は、某掲示板と違い数がそう多くはなかったので
なんとか最後のページまで全部見れたのです。
ま、つまりどんちゃんは、最後のページの最後のほうにいたわけですが(笑)

どんちゃんが気になった理由は・・・理屈では言えません。
いまだに、何故と言われても、わからない^^;
ただ、目が、とても泣いてるように、思えたのです。

どんちゃんに限らず、里親募集の子の写真は目が・・・ですが、
私にとってはどんちゃんは、特に泣いているように見えたんですね。
(募集時のどんちゃん写真、かわいいって評判が高く、募集もかなりきていたよ
うで。
私の見方が変なのかも?^^;)

で、そこからALISのページに飛び、とみまりちゃんがやっている
このブログに辿り着きます。

癲癇もちだったのと、希望が「留守番の少ないお庭のある家」
ということと、
自分(と、彼^^)が引越しし犬を飼える状態になるのが来年なので、
しばらくはブログで様子を見ていたのです。
様子を見ていたというより、応援してたというか。
応援といってもちっともコメントもメールもしませんでしたが!思ってるだけ!!
(我が家は専業主婦は不可だし、一戸建てなんて買えないし。笑。
無理と判断していました)

ちょうどどんちゃんがK病院さまにお世話になっている頃です。

で、4月から、あれ?という感じになっていきます。いや、ブログの内容がね(笑)

しばらくすると保護主さん(とみまりちゃん)が預かることになっていて。
準備着々、どんちゃんはどん部屋へやってきます。

で、どんちゃんが来てから、すぐ、シッター募集の記事があがります。

飼うとか、預かるとかは無理だけど(フルタイム労働中なもので)
シッターならなんとかなるかなー?
6月になったら引っ越すからそのタイミングならできるかなー?

ということで

ドキドキしながら(これは本当)、いや、ドギマギしながら?
ワナワナしながら?
とみまりちゃんへメールしたわけです。

とみまりちゃんのあまりの即レスにぶったまげましたが(笑)

これが
どんちゃんと、とみまりちゃんと、私の不思議な不思議な関係の始まりだったわ
けです。
何が不思議かってこれまた言葉では言い表せません(笑)

いやぁ。どんちゃんと会うことになるなんて、思ってもおりませんでしたよ、ホ
ントホント。

この後、私は本気で引き取りを考えるようになったわけでもあります。
実際、できなかったけどね・・・
どんちゃん待ってくれなかったわ、あはは(笑)

ということで、次回へ続く~
b0114379_13315872.jpg
b0114379_13321214.jpg
b0114379_13322630.jpg
b0114379_13324691.jpg

[PR]
# by dazmakudonlove | 2008-09-08 13:32 | ご報告
8月1日金曜日のお昼
ドンちゃんの画像です。

b0114379_14365598.jpg
b0114379_14371016.jpg
b0114379_14372463.jpg
b0114379_14374064.jpg

[PR]
# by dazmakudonlove | 2008-09-02 14:38 | ご報告

7月17日の画像その3

ドンちゃんの歩く音がなつかしいです。
47秒です。



[PR]
# by dazmakudonlove | 2008-09-01 23:52 | ご報告